<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
スパルタソーイング塾
前回のクミとのパン合宿から更新が滞ってましたが、これはその合宿の翌日の話です。

四角い物を中表で作った時(ランチョンマットやコースターなど)ひっくり返すと、
どうしても角がきれいに出ません。
どうしたらいいの?と、クミに聞いたところ、コースターで教えてくれる事になりました。

ふふふ・・・
そして、今回もたくさんいただきましたよ、クミからのダメ出し。(前回のダメ出し)
前日のパン合宿は、割と対等な立場で事を運べてたと思うのですが、
ソーイング塾はまったくだめです。
ミシン選びから、定規、針、マチ針の打ち方、などなどあらゆることに厳しいダメ出しが・・・
クミは、「あたしはね、心をオニにして言いよるんよ!」と言ってました。
う、う、そうよね、ありがとう(ToT)

c0039271_21283729.jpgこれは小幡小織さんとういう人のコースターの作り方です。

赤いチェックのをクミせんせと一緒に作り、残りの2枚は宿題で、頑張って作ってみました。
1人で作ったのは明らかに美しくない仕上がりに!!

きゅ~
またダメ出しいっただっき~!!


これは本番用です。クミせんせが生地を裁断して持ってきてくれました。↓

c0039271_2132107.jpg右がせんせので左があたしの。
アラが写らないようにちょっと遠巻きに写してみました~

遊びに来ていた母親に「どっちがキレイ?」と聞くと、「こっち」と迷わずクミのを指差していました。(^^;)ちょっとは迷えよ・・・
ちなみに、この「+」のステッチは、わざとつたない感じにするのがいいらしく、あたしにもってこいです。

ここでクイズです。
Q:なぜ、クミはこんなにダメ出しをするのか??
A:それはクミがめちゃっくちゃソーイングが得意であたしがめっちゃくちゃ下手だからです。

クミのすごい作品たち見る??
[PR]
by sato-ice | 2005-09-29 21:33 | Comments(46)
パン、争奪戦
先週の週末、幼なじみのクミが泊まりに来てくれました。
クミはこの一年、パン教室に通っていたのですが、面白くないという事で
「やめてもいいかねぇ?」と、言っていたので、
「面白くないんだったら続けても楽しくないけど、それなら一緒に作ったりしようよ」と、
提案しました。
ということで、さっそく今回一緒にパンを作ることにしました。

c0039271_048780.jpgレシピはクミが教室で習ったイギリスパンを参考にしました。
そして、「8の字パン」や「1つ結びパン」を作りました。
焼き上がりに溶かしバターを塗っています。

クミはいつもパン教室で「あまり真面目にしてない」と言っていましたが、とっても手際よく、作ったり、教えたりしてくれました。

ウィンナーをこよなく愛するオットパンダのために、ウィンナーパンも同じ生地で作りました。

c0039271_055204.jpg
いざ、このウィンナーパンが焼きあがると、みんながこのパンにひっじょ~に魅力を感じてしまい、
4コしか作らなかったので、「こりゃケンカになるね」と言っていましたが、結局クミの分もオットパンダのために譲ってくれました。
(結局奴は3っつたいらげたよ)

c0039271_103753.jpg
ディナーは
・sato特製ビーフシチュー
・夏野菜のグリル焼き
・ハーブのフライドチキン
・山盛りのお酒

全部で12コ作ったパンもあれよあれよという間に完売しました。


そういえば、中学一年生のクリスマスの時、クミと一緒にクリスマスケーキ用のジェノワーズを焼いたのですが、オーブンの中ではきれいに膨れていたものの、取り出すと、ぷしゅ~と、音を立ててしぼんでしまったという事がありました。
「あたし達もまともなものが作れるようになったよね~」なんて話しながら作りました。

それから、クミがお泊りに来てくれた時はいつも布団の中で明け方までおしゃべりをします。
今回も例にもれず、そうでした。
次の日の朝、オットパンダに「いつも思うけど、よくそんなに話す事があるよねぇ」
と、言われました。
隣の部屋で寝ていたオットパンダのところに大声でしゃべってたのがずっと聞こえてたそうです。(^^)これでもまだしゃべりたりないんだけどな~

翌日は「クミのスパルタソーイング塾」でした。
その模様はまた後日・・・
[PR]
by sato-ice | 2005-09-22 01:13 | Comments(32)
バニラシフォンケーキ
義姉のHirominちゃんが怒涛のようにルミさんのシフォンを焼いていたので、かわいい義妹としては見習わないといけないと思い、あたしもルミさんのシフォンを焼きました。

c0039271_11202135.jpgでも、ちょうどよく熟れたバナナがなかったので、ごくごくシンプルなバニラシフォンケーキを焼きました。

粉は先日cuocaでデビューしたソフィーチェを使用。
焼きあがりはふんわりと、それでいて弾力のあるおいしい生地が出来ました。
もうちょっときれいに型出しできたらなぁ・・・

大小の泡がふわふわの面白い食感を出すので、メレンゲを作るときはあえて砂糖の量を少なくして粗いメレンゲを作るようにと、本には書いてあったけど・・・

c0039271_11203343.jpg食感にそこまで差が出るかどうかは食べ比べてないので比較できなかったんだけど、あたし的にはやっぱり大目の砂糖でクリーミーなメレンゲを作ってシフォンに仕上げていきたいなぁ。
次回はそこに気をつけてシフォンを作ってみよう。

とはいえ、バニラビーンズの風味がきいた、本当に美味しいシフォンが出来ました。

カラーセラピーを受けてきたよ。
[PR]
by sato-ice | 2005-09-13 00:35 | Comments(39)
Un Happy Tea Time
今日は「ねぇさん」というあだな(?)のお友達が遊びに来てくれました。
(いや、確かにあたしからしたら'ねぇさん'なんだけど)

c0039271_23292179.jpgこれは知る人ぞ知る、広島で美味しいと有名なベーグル屋さんVillage Bagelsのベーグルです。
二畳くらいのほんとうに小さなお店で、いつも夕方には売り切れてます。

ねぇさんの家がこのお店と微妙に近いので、買ってきてん♥と、お願いしたら12コも買ってきてくれました~!本当に嬉しい。

ベーグルにハムやレタスを挟んだり、sato特製くるみとメープルシロップのクリームチーズのディップでベーグルランチを食べたあとは、HappyTeaTimeです。

でも、Un Happy Tea Timeだったよ(ToT)
[PR]
by sato-ice | 2005-09-09 23:58 | Comments(32)
ベーグルの復習
先日の合宿でのベーグル作りを忘れないために早速復習しました。

c0039271_044089.jpg生地をFPで混ぜたら、
(夏の場合)常温で二時間くらい放置、その後は次の日まで冷蔵庫の野菜室で放置、それから常温でちょっと放置、と、放置だらけの生地仕込みです。
簡単~

それにしても、発酵具合をどのくらいしていいのかとか、いまいちよく分からず、
えらく生地がゆるく、成形、ケトリングなどをしているうちに、「こ、これはかなり失敗かも・・・」という思いが頭をよぎりました。

ところがどっこい、
(なんて今ドキ言う人いるかなぁ?)
焼いてみると、なんだかちゃんとベーグルが出来上がりました。

合宿の時、師匠は「天然酵母は本当にテキトーでいいのよ」とよく言ってました。
あたしが持ってる、平野由紀子さんの天然酵母のパンの本にも「失敗かな?と思っても案外ちゃんと焼けます」みたいな事を書いてあって、本当にその通りだと思いました。

ところがどっこい!(しつこい??)
あたしのパン焼きの先輩のこじたんはこう言ってます

ベーグルはちょっとでも雑につくると、顕著に結果に現れる気がしますよ。と・・・、

今回は、ビキナーズラックだったという事で、次回はこじたんのこのコトバを胸にキモチを引き締めてベーグルを作ろうと思います。(←言うだけ)

★1つだけ反省点(1つだけって・・・自分に甘い)
前回の合宿の時、師匠が「satoちゃんちのオーブンは火力が強いから焼き色がしっかりついちゃった、もう少し薄めでもいいかも」と、言ってました。
なので、そのコトバを思い出して、ずっとオーブンの横でぼうやと見張っていたのですが、結局こんがりと焼きあがりました。
これは次回の課題という事で。
でも、こんな焼き色のベーグルも美味しそうでしょ??
[PR]
by sato-ice | 2005-09-07 00:59 | Comments(47)
ワッフリ焼けたよ。
ミソジンジャーになった事だし、9月になったし、せめてブログだけでも、
シンプルで落ち着いた雰囲気にしたいなぁと思い、スキン変更をしてみました。

c0039271_1758533.jpgまぁ、それは置いといて、
先日の合宿で使った天然酵母の生種が残っていたので、天然酵母を使ったワッフルを焼きました。

ワッフルメーカーは、電気式のは高いものじゃないと、なかなかきれいに焼けないらしく、あたしのパンの師匠であるひさこの勧めもあり、直火式を購入。
生地をワッフルメーカー(というよりワッフルパン?)に流し込んで、両面裏返して焼く姿は、夜店のおばちゃんお姉さんみたい!
って1人思いながら作りました。

甘さ控えめのレシピだったので、ジャムとはちみつをセットにしてプレゼントにしました。

先日お友達が遊びにきてくれたので、焼きたてのワッフルにホイップクリームとキャラメルクリーム、sato特製桃のコンフィチュールを添えておうちcafeしました。
c0039271_185010.jpg
初めてにしてはなかなか上手に焼けました。
なんてったって、ひさこに、今度は電話で講義してもらいながら頑張ったので。

うまく焼けたので「ワッフ焼けたよ~」って間違って写メールしたので、
あたし達の間では「ワッフル」を「ワッフリ」と呼ぶ事になりました。

あ~、でも、電気式だと、一気に両面焼けるからいいよなぁ。
夜店のおばちゃんお姉さんみたく、忙しく裏返したりしなくても、
優雅にお茶飲みながら焼けるの待ってればいいし・・・
来年の誕生日におねだりするか??

天然酵母でつくるお菓子―だから、自然の甘みがあって、体にやさしい。
増沢 恵子 / 文化出版局
[PR]
by sato-ice | 2005-09-04 22:07 | Comments(50)