<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
パン、お菓子作り合宿
本日は、パン、お菓子を作りまくった日々のご紹介。

先日、あたしがパン作りの申し子と呼ぶ、お友達の「ひさこ」が遊びに来てくれました。
その目的は、たかこさんとみかさんみたく、パンとお菓子を教え合う事!
それはもう、怒涛のように焼きまくった二泊三日でした。
c0039271_1302091.jpg
これだけ種類があれば、ちょっとしたパン屋さんって感じがしない??

それぞれ、お互いにレクチャーしてもらいたいメニウを事前に報告して、その日に備えました。
ひさこからは「天然酵母のベーグル」「天然酵母を使った発酵菓子のグランドカフェ」
「シナモンロール」を教わり、あたしからは「フィナンシェ」「洋梨のタルト」「ギモーヴ」
をレクチャーしました。

焼き上げた作品の数々
[PR]
by sato-ice | 2005-08-31 22:34 | Comments(42)
オットパンダからのお誕生日のお祝い
先日の土曜日、
毎年恒例のオットパンダからのお誕生日のお祝いに、ディナーを作ってもらいました。

そう、それから、これもほぼ、毎年恒例と化してる、お誕生日のプレゼントにリクエストするル・クルーゼのお鍋。今年はビュッフェキャセロールをリクエスト。
でも、これでほぼ、欲しいル・クルーゼはもらい尽くしたので、この恒例は今年で終わり??
c0039271_1115578.jpg
ル・クルーゼは白で統一したかったので、ビュッフェキャセロールも直輸入限定品の白を購入。
(しゃ、写真が暗い!)
毎年お誕生日とクリスマスに鍋をせがむ妻に、快く買ってくれて本当にありがとう!オット!

そして、このキャセロールを使ってオットパンダがパエリアを作ってくれました。
c0039271_239852.jpg
具沢山で、魚介類の味がよくしみこんだパエリアは本当に抜群のうまさ~。
とっても上手に作ってくれたけど、最初に熱した油に鶏肉を投入して、油がハネた時、「きゃ~!」と言って、逃げてました。やっぱりこういうときって結局女の方が強いんだわって思いました。
c0039271_2525980.jpg
サイドメニウにはあたしが「ポークピカタ」と「松きのこ(お取り寄せじゃなくって、スーパーで購入)のガーリックソテー」を作りました。
この、松きのこ、「椎茸菌に松茸菌を掛け合わせて出来た、新種のキノコ」なのだとか。
「マツタケの風味と食感が味わえる」との事だけど、どちらかと言うと、風味はしめじかな?
でも、コリコリとした食感はまさしく、マツタケ!
きのこ大好き、キノコ星人のあたしにはたまらない一品でした。

結局、パエリア作りに盛り上がってしまい、今年のバースデーは手作りデザートはナシでした。
でも、もうパエリアですっかりおなか一杯でした。
「美味しいご飯をどうもありがとう」と、オットパンダにメールしておきました。
[PR]
by sato-ice | 2005-08-29 10:01 | Comments(34)
ミソジンジャー
昨日は、なんと!あたしの30歳の誕生日でした。
きゃー!とうとう、足を踏み入れてしまいました。
20代は、就職、結婚、出産、本当に色々ありました。今思えば、あっという間だったなぁ。

朝早く、幼なじみのクミからお祝いメールが届いていて、
「三十路の事、ミソジンジャーって言うらしいよ」と書いてありました。
あたしは、本気で、「味噌としょうがが何か??」と、悩んでしまいました(^^;)

今日は、sato家御用達の高級寿司をとって、お祝いしてもらいました。
週末にまた、オットパンダが手作りのディナーとデザートでお祝いをしてくれるそうです。
c0039271_23521364.jpg


そういえば・・・長いけど、読んで!
[PR]
by sato-ice | 2005-08-25 09:13 | Comments(38)
一番大好きなケーキ屋さん。
しばらくブログの更新が滞ってましたが、何をしていたかというと、
元気満々!もりもり精力的にお菓子などを食べまくったり作りまくったりしていました。

本日は食べまくったお菓子のご紹介。

c0039271_23113070.jpg今年のお盆休みは、
久しぶりにあたしの実家に帰りました。
そこで、一番に連れて行ってもらったのは、あたしの実家の隣町の「NOEL」というケーキ屋さん。

このケーキ屋さんは、広島では知る人ぞ知る、とっても美味しいお店なのです。
でも、お店があるのは広島市内ではなく、郊外なので、実際のところ、どれくらいの知名度があるのかはあたしもよく知らなかったり・・・


c0039271_2325223.jpg古城を彷彿させるようなたたずまい。
あたしが実家にいて、NOELに通っていた頃は、もっと小さなお店でした。

大学生の頃、おさななじみのクミと片道約7キロの道のりを自転車に乗って、隣町のテニスコートにテニスをしに行き、そのままNOELまで行き、ケーキを山のように買い込んで、また自転車であたしの家に戻り、「たくさん体を動かしたから、たくさんケーキを食べてもいいのよ!」と、言いながら、ケーキをもりもり食べた事を思い出しました。

たとえ、その頃のNOELと店構えは変わっても、たくさんの思い出と、ケーキの味は全く変わらないなぁって思いました。

c0039271_23372860.jpg
嬉しくって、こんなに買い込んでしまいました!もちろんですが、この他に、焼き菓子も購入。
c0039271_2339243.jpg
久しぶりにここのケーキを食べたら、「あぁ、実家に帰ってきたなぁ」って思いました。
やっぱり「NOEL」のケーキが一番美味しい!
[PR]
by sato-ice | 2005-08-21 23:16 | Comments(35)
楽しいひととき。
先週の金曜日に、母と、母の友人でもあり、あたしの幼なじみのハルくんのお母さんでもあるおばさんが我が家に遊びに来てくれました。
夕方から、コーラスのコンサートが市内であるとかで、その前にうちに寄ってくれたのです。

c0039271_23183372.jpgたかこさん①から【ココアロールケーキ】を焼いておもてなし。

今思い出せば、一体このケーキがおいしかったのか、おいしくなかったのか、そういうコメントを聞く暇もなく、どんどんと会話が流れていきました。

その中で、おばさんと母から、ハルくんとあたしの幼い頃の悪事を色々聞きました。

ハルくんは、同じ団地で家も近く、幼稚園に入る以前から、ダッグを組んでいろいろと悪さをしてきた事は、幼かったながらも、あたしの記憶にはっきりと残ってます。

積み木を「おもち」だと言って、ストーブの上で焼いたこと、
新築で建って間もないうちの実家の壁に大作の壁画を残したこと、
ハルくんが、ハルくんのおばさんに何か文句を言いたいので、あたしを助っ人にするためにうちに呼びに来て、あたしが母が目を離しているすきに素っ裸で出かけて行った事。などなど・・・
今のあたしの"おちゃめ"な(?)人格形成はこのころからすでに始まってたのね??


c0039271_23352847.jpgとはいえ、ハルくんは中学生にもなると、あたしみたいなぶっとびな女の子とはあまりしゃべってくれなくなり、寂しいなぁと思った時期もありましたが、この頃はまた仲良くしてくれてます。

最近はなかなか会うチャンスがなかったのですが、うちの母経由であたしの手作りお菓子をハルくんとおばさんに届けてもらってました。
でも、いつも甘い物ばっかりなので、カレーパンみたいにスパイシーなのがいい!とリクエストが来てしまいました。

というわけで、今日のお土産はケンタロウのレシピから【オニオンマフィン】と、たかこさん②から【ペッパーチーズケーキ】を作りました。

c0039271_23334434.jpg【オニオンマフィン】はお友達がくれた"フライドオニオン"を入れたのですが、タマネギの甘い風味が本当に美味しくって、感動!

ただ、生地が少し、のどに引っかかるようなずしっとした感じで、味ももう少し何かパンチがほしいなぁと・・・
ベーコンとかチーズとか入れたら美味しいかも??
ペッパーチーズクッキーは何度作っても美味!

さて、お土産の行方は??
[PR]
by sato-ice | 2005-08-07 02:50 | Comments(42)
血沸き、肉踊る衝撃的なスイーツって・・・?
夏休みなので東京から姉が帰ってきました。
仕事が忙しく、なかなか帰ってこられない姉に会うのはほぼ一年ぶり。
久しぶりに会えるのであたしもとっても嬉しいのです。
そこで、「何かお菓子を作っておくけど、リクエストある?」と聞くと、
「血沸き、肉踊る衝撃的なスイーツがいい!」と、言いました。
ち・・・血沸き肉踊るって・・・??一体??

c0039271_053986.jpg結局あれやこれや考えても、なかなかメニウが決まりませんでした。
そこで、ちょうど気合を入れて【ドライフルーツのブランデー漬け】を作っていたので、ここはオーソドックスにフルーツパウンドケーキを作る事に。
ドライフルーツは
・ホワイトフィグ
・アプリコット
・クランベリー
・グリーンレーズン
・オレンジピール が入ってます。

c0039271_0121081.jpg16cmのマトファーのケーキドロワで焼きました。
この型は普通のパウンド型より深くしっかりと、角もキレイに焼きあがるので好きです。

ただ、大体本に載っているパウンドケーキのレシピは18cmのものなので、16cmを買って少し後悔。
加藤千恵さんのHPで「18cm用の生地を16cmの型2本に焼くことができます。」って書いてあるんだけど、密かに本当なんだろうか?と思ってみたり・・・
一度試してみないといけませんね。

今回作ったのはアーモンドプードルがたくさん入ってる全卵すりませタイプのパウンドです。
ブランデーがしたたるドライフルーツを入れて、焼き上がりにラム酒をたっぷり塗ってます。
(酒豪仕様)

c0039271_0384678.jpg焼きあがりはブランデーの味とフルーツの味がそれぞればらばらな感じでしたが、日が経つにつれて味がなじみいい感じに!
ほんとはもっと切り口にフルーツがごろごろ見えてるのを目指してたのにな

これを食べた姉は、
「んー、血は沸くけど、肉は踊らんねぇ・・・」と、言ってました。
肉踊るお菓子って一体??

皆さんは「血沸き肉踊る衝撃的なスイーツ」って何を思い浮かべますか?
[PR]
by sato-ice | 2005-08-03 19:44 | Comments(38)
キルシュ・クーヘン
アメリカンチェリーの季節に必ず作るドイツ菓子の「キルシュ・クーヘン」を作りました。
コレはお菓子教室で習ったもので、本当に大好きなお菓子です。

c0039271_1121091.jpg今年はコレで2回目です。
1回目の出来があまりにも不本意で、今年はもう作らない!と思っていたのですが、すでにお店にはもうないと思っていた、アメリカンチェリーに出逢う事が出来たので、リヴェンジの気持ちも込めてもう一度作りました。

今回の出来は1回目よりは満足に出来たので、よかったことにしましょう。



c0039271_1163729.jpgこのお菓子は、主役のアメリカンチェリーの味はもちろんですが、生地に混ぜ込むチョコレートの味で、かなり全体の味わいが変わってきます。
1回目は「カレボー」のセミスイートチョコレートを使ったのですが、とっても甘ったるい出来上がりになりました。

なので、今回は「ヴァローナ」のスイートカライブを使いました。 
(毎回コレを使っていたので、前回もそうすればよかったんですよね^^;)

c0039271_136139.jpgチェリーの種抜きアイテム。
オリーヴの種も取れます。
5年位前にこれを買った時は、お菓子教室の先生にお取り寄せしてもらったのですが、今は割と色んなお店で目にしますね。
とっても便利なアイテムです。

次は12月頃に南半球がアメリカンチェリーの季節になり、お店で会えます。
その頃また、このお菓子を作ろうと思います。
これを作った日は1日中、頭痛がしてました。
なのに、お菓子を作っている最中は、頭痛はもちろん、頭が痛かった事すら忘れていました。
そして、お菓子が出来上がったと同時にまた頭痛が!
普段頭痛に全くならない体質なので、一度なると結構凹みます。
でも、自分のお菓子に対する集中力のすごさに少しびっくり。
[PR]
by sato-ice | 2005-08-01 09:35 | Comments(32)