<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ドイツコットンを買ったのはどいつ?
今日、ネットで買ったドイツコットンが届いた。
あたしのブログによく遊びにきてくれるyukikiblogさんやmomotamagorinさんのブログでとってもステキな洋裁の作品に感化されてあたしも作りたくなってきた。
c0039271_13424372.jpg
この生地を手に入れるまでに、何だかちょっと色々あった。
生地の問い合わせをしたところ、店長さんが体調を悪くしたらしく、音信不通だったり、このお店で買おうかな?と、色々見てたら、何だかとっても怖そうなお店だったり、やたらめったら売り切れだったり、
あたしって、ドイツコットンと縁がないのかな?って思った。でも、そうなるとどんどん欲しくなってくるのが辛いところ。
そんなこんなで、やっとの思いで手に入れた。c0039271_1358433.jpg

と・こ・ろ・が、

あたしは、びっくりするくらい洋裁が苦手!
こんなにかわいい生地を手に入れたところで、果たしてちゃんとステキな作品を作り上げる事ができるのだろうか??

自分でも、重々、苦手だという事は知っているので、背伸びをせずに、キッチン周りの四角いものを縫う事しかしないようにしている。ランチョンマット、コースター、フキン、かなり頑張ってギャルソンタイプの
エプロン・・・この生地たちがちゃんと日の目を浴びる日がきますように・・・
[PR]
by sato-ice | 2005-02-28 14:05 | Comments(14)
ちょっと聞いて!
昨日は1年半ぶりのひどい頭痛に悩まされ一日中床に伏せっておりました。
(頭痛、肩こりなど殆どないので、前回いつ頭痛だったかとか、思い出せる)
なので、ブログ更新も、ブログ巡りもお休みしてました。
でも、どうしても皆さんに聞いて欲しい事件があったので、今日ここに書きます。

昨日の事、
[PR]
by sato-ice | 2005-02-28 01:22 | Comments(6)
カムクアットとチョコレートのタルト
c0039271_22451755.jpg先日の金柑のシロップ煮、どんなお菓子に変身させようかと、あれやこれや考えた。

そういえば、金柑の皮の渋みって、ちょっとオレンジピールに似てるよなー。
チョコとオレンジを合わせたお菓子ってよくあるから、この金柑もチョコと合わせてみることにした。

ちょっとばかしどきどきしたけど、新しい味を求めて冒険をしてみよう。
別立てのアーモンドパウダー入りのバターケーキの生地に刻んだチョコレートと
金柑のシロップ煮を加え、パートブリゼと一緒にタルトにした。
いつもこの生地で6月になるとアメリカンチェリーのタルトを焼く。金柑とはどうかな?

こっ!これわ!!おいしいぃぃ~!!
c0039271_22554451.jpg
チョコレートと、金柑の甘味とわずかな渋みがとってもマッチして、ほんとに美味しかった。
チョコと金柑って合う!

ただ、このタルトの反省点は金柑を丸ごと入れたけど、4つ割りくらいにしたものを加えた方が、よかったみたい。
チョコは、ビターか、甘すぎないスィートがオススメ。これは、この季節のリピートメニューに加えなくっちゃだわ。
[PR]
by sato-ice | 2005-02-25 23:05 | Comments(14)
クラムチャウダー
Sudachiさんのリクエストにお答えして、クラムチャウダーの作り方の手順を紹介。でも、結局いつも作るとき、材料の量は全部テキトーにして作ってます。
なので、全部お好みの量でどうぞ。
c0039271_183362.jpg

①鍋にあさりとあさりがかぶるくらいの水を入れ、口が開くまで火をとおして
  ペーパーでこす。出汁も使うのでとっておく。
②あさりを殻から外す。大きいものは半分に切る。
③みじん切りのたまねぎ、ベーコンを炒め、火を止めて小麦粉をまぶし、絡める。
④1の出汁を③に加えときのばす。
⑤しめじと1cm角に切ったじゃがいも、コンソメを加えて材料に火が通るまで
 じっくりコトコト。
⑥5に火が通ったら牛乳、生クリームを加える。
⑦2のあさりを入れて、パセリをあしらってできあがり。

※⑤で加えるじゃがいもは切った後水にさらしません。じゃがいものでんぷんも
 とろみの一部になるんだって。

クラムチャウダーは漁師が船の上で作って食べていたものだそうです。なので、ほんとはきのこ類は入れたりしないんだろうけど、あたしがきのこが大好きなので絶対いつも入れます。

体があったまりますよ~。
[PR]
by sato-ice | 2005-02-25 00:30 | Comments(7)
おうちdeベーグルランチ 
今日は実家から両親が大量の食料品を抱えてやって来てくれた。これでしばらく
お買い物しなくてすむわ!ありがたい。てなわけで、今日はお菓子作りもお休み。

なので、先週友人のリエさんがやってきた時におもてなししたランチのご紹介。

c0039271_20174583.jpg[MENU]
・プレーンベーグル(近所のパン屋で調達)
・あさりのクラムチャウダー
・スモークサーモンのマリネ
・ツナと赤たまねぎのディップ
・豚肉のマスタード焼き
・くるみとごまペーストのクリームチーズ


【クラムチャウダー】はまだうら若き新入社員の頃、お菓子教室の特別教室で、
習ったもので、毎年冬の寒いシーズンには頻回に作ってるメニウ。
リエさんは、「お店のランチみたい!!」って、すごく喜んでくれたけど、
これは食器効果も大。ワンプレート(とは言わないかな?)に盛り付けると、
それだけでcafe風になるからいいよね。
この食器は友人のBee-chanさんからお誕生日プレゼントに頂いたもの。

今、ちょっとベーグルに注目中。
広島には「Village Bagels」っていう美味しいベーグル専門のお店があるけど、
あたしの家からは少しだけ離れてるからなかなか行けないし、自分で作ってみようかな?とも思うけど、パンは年に2,3回作るか作らないか(しかも、コネから一次発酵まではHBを使用)なので、お菓子を作る時ほど、パッとは取り掛かれない。
作ってみたら美味しいかな?最強力粉を使うべき?
[PR]
by sato-ice | 2005-02-24 20:41 | Comments(15)
金柑大フィーバー
c0039271_17323587.jpgkiki-felice さんの金柑の表面とシロップ煮の手順からトラックバック。

今、巷をにぎわせている「金柑フィーバー」、この波に乗るべく、早速あたしも金柑を500g入手!!
「金柑フィーバー」は、ほんとはもう少し前から知っていたんだけど、あたしはどうも金柑に対して敬遠する傾向があった。
でも、こんなにあちこちから「うまい!うまい!」の声を聞くと、居ても立ってもいられない。
しかも、よくよく考えてみると、あたしが思い描いていた苦手な味は「かりん」であって、「金柑」ではなかったのだ!!!
「こうしちゃいられね~!」早速今日【金柑のシロップ煮】を作った。

まず、金柑というものを見てびっくり、ちびっこみかんなんだー。そして、生のまま皮も食べれるとのことで、そのまま食べてまたびっくり!なんて美味しいんだろう!!
ばくばくと食べたくなる衝動を一生懸命振り払い、作業に取り掛かる。
結構細かい仕事が好きなので、種取もふんふんと鼻歌交じりでこなす。
c0039271_17461565.jpg
金柑をコトコト煮てる間は部屋中がいい香りに包まれて幸せだった。
出来上がったらもっと幸せだった。
ほんっとに美味しい!美味しすぎる!!お菓子にする前に全部つまんでしまいそう!
なんて誘惑の多い奴なんだ!?
金柑!!!

ちなみに金柑は英語で「kumquat」(カムクアット)というらしい。
【カムクアットのシロップ煮】って一体何!?ってっちょっと話題になりそう。
何のお菓子にしよっかなー?
[PR]
by sato-ice | 2005-02-23 17:30 | Comments(15)
いちごのベイクドレアチーズケーキ
c0039271_19285094.jpg昨日のチーズケーキを作ったクリームチーズが余っていたので今日は【いちごのベイクドレアチーズケーキ】を焼いた。

”ベイクドレアチーズケーキ”ってベイクドチーズケーキなの?レアチーズケーキなの?
って思ったけど、確かに、食べてみるとどっちでもあるし、どっちでもない。クリーミーで濃厚な感じ。何かアイスクリームみたい。

作り方はほんとに簡単だった。クリームチーズに卵白や砂糖、生クリーム、いちごのピューレ、をどんどん混ぜていくだけ。メレンゲも作らない。
材料さえあれば、生地作りは10分くらいでできるかも。c0039271_19465144.jpg

底にはグラハムクラッカーを砕いたものを敷くようになっていたんだけど、これだけなかったので、冷凍庫にあったパート・ブリゼの切れッぱしを焼いて底に敷いた。
空焼きの時ちゃんと重石をしなかったので、すくすくと膨らんでちょっと反省。

何だか、春色のお菓子でウキウキ。
でもこの写真、いろどりに欠けるよね。ベランダでミントでも育てよっかなー?
(冷蔵庫にパセリはあったんだけど、それを添えるのはちょっと)

シンプルスタイルのチーズケーキ―かんたんでおいしいレシピ36
石橋 かおり / 雄鶏社

<φ6cmのセルクル型使用>
[PR]
by sato-ice | 2005-02-22 19:50 | Comments(8)
スフレチーズケーキ
c0039271_19265945.jpg本日は、【スフレチーズケーキ】を焼いた。
レシピは小嶋ルミさんの『おいしい!生地』。前回の、ジェノワーズがちょっと満足のできたったので、またこのレシピ本の登場。

このチーズケーキはカスタードクリームに
クリームチーズとメレンゲを加える方法で作る、初めてなタイプのチーズケーキ。
こっれが、またしても満足なできだった。
ふっわふわで、しゅわしゅわで口の中でさっと溶けてめろめろだった。
メレンゲは、他のお菓子で作るのよりは、割とゆるいもの、でもキメは細かいものを作って加える。c0039271_19384737.jpg

この本では、一部が凍った状態の卵白を使用してメレンゲを作る事、とのことだったので、冷凍保存していた卵白を一部解凍して使った。これが、びっくりするくらいクリーミーなメレンゲができた。

《それでまたここでたまごのお勉強。》
・凝固しない程度に温かい卵白は泡立ちやすい
→キメはあらく、つやもなくもろいメレンゲになる。
・温度が低い卵白は泡立ちにくい
→キメが細かくつやがあり、コシの強いメレンゲになる。

フムフム、習ったとおりだった。
(なんて、今更納得してどうするの?)

c0039271_19504396.jpg作ったあたしのイメージとはかなりかけ離れた、とってもはかなくて、すぐに崩れそうなこのケーキは、ケーキカットがとっても難しかった。
熱湯で温めたナイフで切ってもスパンとは切れず、大変だった。
軽いのでいくらでも食べられそうなので
要注意。

おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に
小嶋 ルミ / 文化出版局
[PR]
by sato-ice | 2005-02-21 19:49 | Comments(13)
どうしてあなたはロミアスなの?
c0039271_19161459.jpg本日は、【ロミアス】作り。この手ごわい
お菓子は、なかなかキレイな形に作れない。【ロミアス】作りに欠かせない、
恐ろしいくらい高かった、「シェルタン口金」は厨房屋で購入。(あたしが調べた中では
ここが一番安かった)

最初のうちは、いつもわりとすらすら生地を絞り出せるんだけど、手の熱で生地がゆるんでくると、きれいな形に絞れなくなってくる。絞り出し袋ごと冷蔵庫に入れて、生地を冷やす事と迅速な作業が求められるお菓子。
c0039271_19265266.jpgそうこうしてたら、今度は生地が冷えすぎて、絞りだせなくなったり(それは紛れもないあたしの不注意だよ)ほんとに細心の
注意と気配りが必要。

でも、どんなに大変な思いをして作ってもほんとに美味しいなぁ。
びっくりするくらい美味しい。
とってもかわいいお菓子だし、これは極めると贈り物には絶対に喜ばれそう!c0039271_19335587.jpg
このロミアスを見るとオット様は子供の頃
よく食べていたお菓子を思い出すらしい。
形はこんなので、中の丸いところはチョコとコーヒーが入ってて、長細い箱に入って、
スーパーとかに売ってるお菓子。
(あたしもよく食べてた)
あれを作ってくれと言い出した。
多分スーパーで買ったほうが安くて早くて美味いと思う。(今もあるのかなぁ?)
↑本日のラッピング
[PR]
by sato-ice | 2005-02-20 19:41 | Comments(12)
たまご学習
c0039271_1261712.jpg今日頂いたたまごは普通卵に比べてDHAが5倍近く含まれているそうな。
どうりで、勉強したくなってきだぞ。(嘘よ)

もう何年も前になるけど、学生の頃に
「食物栄養」を専攻していた時、たまごに
ついてえらく勉強をした事を思い出した。
今日はその復習をしてみようかな?

新鮮なたまごは↑のように、黄身と濃厚卵白が盛り上がっている。
産卵直後は、だいたい濃厚卵白:水様卵白=6:4らしいけど、時間が経つにつれて濃厚卵白が水様化して、水様卵白の量が増えてくるらしい。
なので古くなってきた卵白はさらさら~っとしてるんだねぇ。

たまごを割る前の鮮度の見分け方として、6%の食塩水に卵を入れてみる。
新鮮なものほど、横向きに沈むけど、古くなるにつれて殻の丸い方(鈍端部)を上に向けて水中に浮かんでいく。腐ってるのは鈍端部を上にして水面に浮くらしい。
ちなみに市販されているたまごは鈍端部を上に向けて沈むとの事。c0039271_2145463.jpg

a:産卵直後
b:市販品
c:ちと古い
d:腐敗している

このたまご学習のためにイラストまで描いてみた。有意義な学習が出来たとさ。
[PR]
by sato-ice | 2005-02-19 22:56 | Comments(7)