<< おさんぽ市 ちいさい秋 クミとお茶。 >>
NICUの同窓会
まおさんが生まれてから9ヶ月間入院していた
NICUの同窓会がありました。

年に一度病院主催で行われる同窓会。
久しぶりに会うお友達の成長が楽しみな時間です。 

あの日、まおさんは妊娠24週で生まれました。
出世時の体重は276グラム、身長は22センチしかありませんでした。
誰もがその命がすぐ消えてしまう事を覚悟せずにはいられませんでした。
私達は「真っ直ぐ生きてほしい」といういちるの願いを込めて
小さく生まれた我が子に「真生」と名づけました。
それから4年、その名前の通り、まおは元気に真っ直ぐ生きています。
c0039271_20513128.jpg

まおの元気な今があるのも、
空手バカなオットパンダの今があるのも
ぐぅたらでくいしんぼうなあたしの今があるのも、
病院の先生方の手厚い治療や看護のおかげなんだなと思うと、
感謝せずにはいられません。

NICUで何度も命の危機があった毎日のコト、
今となっては先生や看護師さん達と思い出して
笑ったりする事もありますが、
あの時は本当にみんなが必死だったなぁって思い出しました。
何気なく毎日を過ごせる事がありがたいことだと
再認識した一日でした。

あの時は「生きていてさえいてくれれば何でもいい!」
なんて思っていたのに最近のあたしの鬼ハハぶりといったら・・・^^;

この同窓会では、毎年1人の保護者の方の体験談の発表があるのですが、
「来年はまおママよろしく頼むよ」
って部長先生から白羽の矢が・・・
一年かけて原稿作らなければ・・・^^;
今からお腹がいたくなりそうです。
[PR]
by sato-ice | 2008-10-21 21:10 | ある日
<< おさんぽ市 ちいさい秋 クミとお茶。 >>